弱酸性ベルジュバンス メイキングカラー

更新日:

ベルジュバンスのメーキングカラーは弱酸性のカラーです。

白髪染めといえば真っ黒が多いですが、自然な色味でやさしい白髪染めからこのように白髪に明るいカラーを入れて全体のトーンバランスを整えた染め方もできます。

 

最近グレーカラーのおしゃれ染めというとヘアカラー(酸性やアルカリ)でのカラーをよく目にしますが、どうしても白髪には薄い色合いで曖昧な色加減が気になっていました。そこでベルジュバンスカラーを使用した、もっとはっきりと!もっと自然なおしゃれ染めを提案しています。

あなたも如何ですか?

どんなカラーも髪へのダメージを否めませんが、ベルジュバンスカラーは思うほど痛みません。色々なカラーを試しましたが一番痛まなかったかもしれません。

ダメージ少なく、自然な色合いでおしゃれな白髪染めができます。

このカラーはマニキュアタイプで髪の表面に吸着します。

ヘアカラーと違うので脱色や大幅なカラーチェンジ、トーン(明度)を上げる事ができません。

『市販や一般の美容室で行われているヘアマニキュアと変わらないんじゃない?』ってご意見も良くいただくのですが、かなり違います。

髪質によりますが髪のパサ付きが違います。毎月染めていてもそれほど大きなダメージは感じませんが、他のマニキュア製品ではパサ付や硬さが出やすいように思いました。

ベルジュバンスカラーのメリットしては、カラー製品の中でもダメージがかなり少ない事が一番かと思います。またアレルギーやかぶれなどは出にくいのもメリットかと思います。

デメリットとして、色落ちと染まりにくさがあります。他の製品に比べダメージの少ない分色落ちは目立つように感じます。

サウナや温泉、スポーツジムなどを頻繁にご利用頂くお客様の強い希望もあり、ダメージの少ないと聞きます他社マニキュアも数色白髪染め用にありますが、色落ちが少なく(持ちがよく)染まりやすい(しっかり染まる)代わりに、やはりパサ付が出やすい様に感じます。そこで当店では反応式のトリートメントで質感よく仕上がるようにしています。

どんなものにも、メリットとデメリットがあります。

ベルジュバンスサロンとして、頭皮・毛髪をいたわり美しく年齢を重ねていただく『加齢美』のお手伝いを精一杯させていただきたく思います。

ベルジュバンス カラー

髪へのダメージを極力少なく、自然に白髪染めをしたい

白髪染めと言っても真っ黒ではなく色々な染め方がございますのでご相談ください

マニキュア

汗をかく機会が非常に多く、染まりが悪いのでしっかりと染めてほしい

ご希望によりご利用いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.