シルクのような柔らかくしっとりとした仕上がりが完成しました! 【パート2】

更新日:

前回はシルクのような仕上がりを求める上で、サロンゆうが今まで歩んできた内容やメンタルについてお話ししました。

今回はその続きです。

日々の研究で柔らかくしっとりとした仕上がりにトリートメントを完成させました。

が、ここで一つ大きな問題が・・・!

カラーやパーマによるダメージで硬くゴワゴワする髪。
馴染まないで毛先がはねるダメージ毛。
ちゃけちゃってパサパサのボサボサで困っている方。
美容室でトリートメントしてもやったのかやってないかイマイチわからず、効果を感じない方。
美容室を出るときには良い感じなのに自分でシャンプーすると、トリートメントがとれてしまう方。

等々・・・

こう言ったお悩みをお持ちの方にはとても良い状態に仕上がるのです。

元々硬くて太い髪の硬やふわっと仕上げたいボブや巻髪、くせ毛風なカールスタイルなどにはとても良いのですが柔らかくなった髪はブローが効きにくくボリュームが出やすくなるんです。

そこで、スタイルやお好みに合わせて【柔らかくしっとり】に加え【柔らかくハリコシ】や【しっとりサラサラ】などの仕上がりも必要になりました。

今回のタイトル【シルクのような柔らかくしっとりとした仕上がり】は今までのただ柔らかいだけではなく、そこに一ひねり二ひねり加えた処方で、柔らかいがしっとりとしていて収まりの良いハリコシがある質感を作り出しました。

この仕上がりの特徴は、湿気を吸いにくく持ちがいいこと。ガサガサ、ザラザラしていたさわり心地も柔らかくさらっとした手触りに、思わず「さわってみて♪」と言いたくなります。この仕上がりはブローも効き無駄なボリューム感を押さえることも出来るので体験された方々には大変好評をいただいています。

ぜひ、あなたも【シルクのような柔らかくしっとりとした仕上がり】を体験してください。

なお、このトリートメントを含め各種毛髪ケアは髪質やコンディション、ヘアスタイルにより乾かすだけで形になる場合もありますが、状態に合わせた仕上げ方が必要な場合もございます。
ご相談いただければ、ホームケアで使用するアイテムからスタイリング方法までご案内させていただいています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.