扱いやすい艶髪を維持するお手入れ方法 その1

投稿日:

いつも、サロンゆうで髪をケアしていただきありがとうございます。

初めてご来店されたときから、お家でおこなうケア方法をご案内していますが、「初めて聞いた」と言われる方が多いので、まとめてみます。

ただ、髪質や毛量・長さ、普段している施術によりケアは方法や、使用する製品が異なります。

ご来店の際に、あなたに合わせたホームケア方法と製品を少しずつご案内し、使っていただいた感想やご来店毎に変わっていく髪質を見ながら、一番合う方法や製品を見いだしご案内しています。

髪は日々、扱いが変わります。

美容室から帰った後とそろそろ、美容室に行く頃とではかなりの違いがあることもあります。

サロンゆうでは、美容室から帰られる今日の仕上がりと、次回ご来店いただく時の質感や扱いがなるべく近い状態に維持できるように日々研究しトリートメントを行っています。

髪の変化や、お悩みはお気軽にご相談ください。

トリートメントの種類と効果

当店には、大きく分けて毛髪補修と髪質改善があります。

髪質改善というと、最近話題の酸熱トリートメントや艶髪チャージなどが思い浮かびますが、当店ではそれらも毛髪補修に位置づけています。

毛髪補修と髪質改善は何が違うのか?

髪の毛を上の図のように海苔巻きに例えたとき、パサつきやすい髪は海苔の部分が損傷しご飯の周りにある糠(ぬか)などが流れ出て水分をとどめられず乾燥しやすい状態になっています。また、エイジング毛や軽い縮れ毛などは、ごはんが途中途中で抜け落ち中身が詰まっていなくて縮れているイメージです。

毛髪補修とは?

毛髪補修はこのご飯の部分にぬかを足し、保湿しやすくまとまりやすくし、海苔を整えてコーティングすることで柔らかく艶のある質感に仕上げています。

しかし強い化学反応を利用していない、トリートメントですので、じきに取れていきますしストレートを形成する施術ではないので、インスタによくある艶々の写真の様な仕上がりにするためには、手間暇と技術が必要になります。

髪質改善とは?

当店でご案内している髪質改善は、高難易度縮毛矯正の技術と理論をもとにおこなうもので、トリートメント成分をごはん内部に浸透させ、アイロンの熱で定着させるため洗ってもすぐには落ちませんし、高難易度縮毛矯正の弱酸性薬液も反応させるため、膨らんだりうねるクセも抑えることができます。

酸熱トリートメントや美髪チャージが毛髪補修で、これが髪質改善という根拠は若干でも薬液を使用し荒れたタンパク質を整える作業を行うことで、チリついて絡みやすい毛先やエイジング毛で膨らんでしまう髪、緩いクセで収まりが悪いクセも、髪質改善トリートメントを施術後から乾かすだけで指が通り収まりの良い質感に変わるからです。

また、この効果は髪質によりますが酸熱トリートメントよりは長く持続するため、今日から扱いやすい髪へ改善するトリートメントとして髪質改善としています。

酸熱トリートメントはやらないの?

美髪チャージや酸熱トリートメントなどHOT PEPPERやInstagramで話題のトリートメントと同じものが当店にもあります。が、当店にはほかのお店で「○○回来たら艶々になれる」と言われ酸熱トリートメントをした結果髪が硬くなりゴワついた方々が髪を治しに多くいらっしゃるので、カウンセリングの際にどうされるか伺いますが、皆さんが髪質改善や毛髪補修(美髪チャージでないもの)を選ばれます。

トリートメントをするタイミング

髪質改善トリートメントはコースでもカラーなどと併用して行った場合でも、2週間から30日弱で効果を感じなくなるようです(お客様平均)。

トリートメントの種類や組み合わせ、施術方法などでも違いますが、僕が目指すのは一番扱いやすくて艶のある仕上がりなので、そこを目指したときに質感が悪くなるタイミングが、今の補修持続体力だと思ってください。

例えば、当店に2週間に一度カラーをなさるお客様がいらっしゃいます。おうちではドラッグストアーなどで選ばれた製品を使いホームケアをされていますが、美容室の製品より補修力は弱いと思っています。その方は2週間に一度アルカリカラーで白髪染めをしているので髪がバサバサになるかと思いきや、どんどん扱いやすく艶髪になっていきました。以前、1年ほどほかのお店に行かれていて、戻られたときは指も通らないほどのダメージでしたが3ヶ月ほどで扱いやすくなり半年で艶髪になりました。

カラーをすれば髪は傷んでしまいます。が、適切な予防美容を行い毛髪補修をすることで髪は扱いやすく艶髪になります。また、おうちでのケアをそれほど意識していなくても、今日施術したトリートメントがなくなる前に次のカラーでトリートメントを補修していければ、髪はどんどんよくなっていくんです。

逆に、美容室の製品を使っていただいていても、2ヶ月以上間が空いてしまうとホームケアで支える艶髪になってしまうため、美容室で行っている毛髪補修の効果は後半無くなってしまいます。

これらを踏まえると、集中的に髪を扱いやすくケアする場合は2〜3週間に一度のケアをした方が効果が感じやすいです。ホームケアの製品も髪の状態に合わせて使い、髪に合わせたホームケアをしてあげれば更に、髪は扱いやすくなり美容室の効果も最大限に持続できます。ご来店頻度を徐々に伸ばしていったときに、力を発揮するのはホームケアになりますので、そのあたりとバランスをとりながら毛髪補修をしていけると良いと思います。

髪質改善の効果は?

当店の髪質改善は、硬くなった髪をほぐしトリートメント成分を浸透させ定着させるイメージなのでひと月以上は持つように考えています。

お客様には3〜4ヶ月はいけると言っていただけますが、縮毛矯正ほどしっかりとクセをとらないため、強いクセの方は高難易度縮毛矯正をおすすめします。

髪質改善を、次にするタイミングも落ちてきてからで良いと思います。かける前のように扱いにくさを感じたらご希望ください。

なお、この髪質改善は間でカラーと毛髪補修を挟むことでその質感を更に長持ちさせますし、縮毛矯正の間で行うことで、矯正の間隔を延ばすこともできますので、お気軽にご相談ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.