乾燥した髪にひとてま加えて シャンプー編

更新日:

髪が乾燥されている方は多いですが、ホームケアやサロンケアで何とかしようとしてもなかなか思うように扱いやすくならないという方が非常に多いです。そこで、幾つかの方法に分けて毎日できるヘアケアをご紹介します。

みんな簡単なものなので『ひとてま』にふさわしいものばかりですので、毎日の習慣の中にできそうなものから加えてみてください。

まず第二弾。今回はシャンプーの仕方についてご紹介します。

シャンプーの仕方って…?

誰に教わったわけでもなくなんとなく頭を洗っている方多くないですか?

昔はよくテレビのCMなどで長い髪のモデルさんが髪を擦り合わせていたのを良く見ましたが最近は余り見かけなくなりました。これも時代の流れなのでしょうか…

さて、おすすめのシャンプーの仕方なんて大げさに書いてしまいましたが、それ程大それたことは無いのです。

 

  1. まず初めはシャワーのお湯でしっかりと濡らして下さい。※この段階で髪に付いた埃や汚れの大部分は流れるようです
  2. シャンプーを手にとって地肌にのばすようにして泡立てます※髪に付けるのではなく地肌でしっかりと泡立てます
  3. 指の腹をよーく使って頭皮をマッサージします※髪の長い方やダメージの気になる方ほど、手の動きを細かく動かします。無理に大きく動かすと摩擦や絡みの原因になります。
  4. ヘアスタイルによっては、ワックスやムースがしっかりと付いている場合もあるかと思います。そんなときは目の荒いくしで毛先からやさしくほぐしていき、ゆっくりとコーミングします。
  5. 少し強めの水圧でつむじの辺りからよーく流します。※髪の長い方やダメージの気になる方は流すときに絡まないように気をつけてください。

『美容室ではこんなにしっとりとするのに…』と、よく言われますがそれほど特別なものを使用していたり、特殊な技術があるわけではなくこんな『ひとてま』を適材適所に行っているだけなんです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

できそうだなーっと思うものがありましたら、試してみてください。そして少しでも『いいかも♪』があったら続けてみてください。そんな『ひとてま』をこれからも発信していきたいと思います

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.