いつまでもオシャレでいていただくために美容室が出来ること

更新日:

最近ご来店いただく新規のお客様に多いのですが、定期的な白髪染めとパーマによる激しいダメージで、パサつきがでています。皆さん、髪の事を考えたホームケアーを行ってくださっているのですが、それでもダメージは抑えきれません。

なぜでしょう?

それはきっと、カラーやパーマのときにもサロンケアを行わなくてはいけないのだと思うのです。サロンケア?←聞きなれない言葉ですが、とても大切なことだと当店では意識しています。それは髪を大切に施術を行い“素材美”を保つことで、カラーやパーマの持続や艶サラで扱いやすい髪で過ごすことができます。

  1. 素材である髪の状態を見極めて、薬剤を選定すること

    ※髪に負担の少ないカラーや香草カラー、高い技術で行うマニキュアなどがあります

  2. 白髪染めなど定期的なカラーリングを行う方には、適切な処置を提供すること

    ※染めと染めの間にダメージレスでしっかりと染まるトリートメントカラーをはさんだり、白髪の範囲が狭い場合はポイントカラーを低価格でご提案致します

  3. パーマやカラーなど、かけっぱなし染めっぱなしではなく、しっかりとしたヘアケアもメニューに含まれていること

    ※適切なダメージケアを行うことで仕上がりの持続感を長く感じることができます

  4. お帰りになってからの髪のコンディションを考えたアフターケアを行うこと

    ※アフターケアとして普段のホームケアのアドバイスやヘアケアについてもお勧めさせていただいております

永い間、おしゃれを楽しんでいただきたいのが当店の願いです。

しっかりとしたサロンケアと、適切に行う弱酸性美容により5年後10年後の髪が変わります。

ぜひあなたもご体験ください!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.