マニキュアの違い(種類)

更新日:

 

 

マニキュアっと聞くと 『落ちやすい』 『染まりにくい』 『白髪は染まらない』 『色の種類が無い』 『黒しかない』 など、色々なイメージがあるかと思います。 あながち間違いではありませんが、【白髪を染める】という目的に対してはヘアカラー(一般的な白髪染め)よりも良い仕事をします。

しっかりと染まります

マニキュアは色のついたセロファンを髪にかぶせたようなイメージで染まります。ですから、ナチュラルブラウン(ブラウンとしては中間の色味です)で染めても少し暗い感じに染まるので白髪がうく(透ける)心配が少なくてすみます。また、ムラになりにくいので全体をしっかりと染められます。

色落ちも少ないです

昔はすぐに落ちてしまったのかもしれませんが、最近のマニキュアはそれほど色落ちしません。染めたて(染めた当日)にサウナや激しい運動など大量の汗をかいたり、ハードズプレーやジェルなどアルコールを含んだ整髪料を使用するとシャンプーの時に色のついた水が流れます。この水でお風呂場やお体を汚してしまう心配はありませんが、色味やマニキュアの種類、髪質によっては数日続く事もあります。 上記のように色のついた水は流れますが、色が落ちて白髪が目立ってしまうようなことはありません(個人差はありますのでご相談ください)

髪や頭皮を傷めません

しっかりと白髪を染めることができるカラーの中では唯一、髪や頭皮を傷めずに髪を染めることができます。『白髪は目立たなく過ごしたい』と思う気持ちは皆さんの願いですよね。10年後…20年後…の髪や頭皮を考えるのならマニキュアがおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.