シリコンってホントに髪に悪いの?

更新日:

最近、シリコンに対し同じような内容を聞かれることが多く、またその質問に対し同じような回答をしていることから、自分自身の確認や勉強を含め考えをまとめてみたいと思います。

『シリコンって何ですか?』とよく聞かれます。

また、『髪を痛めますか?』とも聞かれます。

では実際シリコンって何なんでしょうか?

シリコンって何?

難しい話はウィキペディアを参照して下さい。

構成成分や用途について書かれています。

ここではそれ以外についてふれます。

ここ何年か『シリコンは髪を痛める』と聞かれるようになりましたが、実際痛んだ方は見たことがありません。

昔、枝毛パックというものがあったようですが、その場合は高濃度のシリコンでコーティングする物だったので、コーティングがはがれる際にダメージになると聞いたことがあります。

また、ツバキやアジエンスに含まれるシリコンで『パーマがかからない』『カラーが染まらない』と美容師さんがよく言っているのを聞き始めたのも同じような時期でしたね。

それと同じくして、【ノンシリコン】や【オーガニック】といったシリコンを含まないヘアケア商品が軒を連ね、施術前にはシリコン除去をすると綺麗に仕上がるとプラス施術が生まれました。

シリコンが付いてると髪は染まらないの?

僕は現在使用され市販されている(ヘアケア製品に含まれている)シリコンに関しては、それほど邪魔していない気がしています。(いち美容師の考えですよ)

実際、シリコンで髪が傷んだ方やパーマのかかりにくい方やカラーの染まらない方に出会ったことがないです。

ただ例外はあって、マニキュア(特にベルジュバンス)が染まりにくかったり、ベルジュバンスみたいな弱酸性のパーマがかかりにくいかもしれないなぁって心配は無いわけでもないです。

では、シリコンってどうしてヘアケア製品に入っているのでしょう?

世間ではこれだけ、ノンシリコンと騒がれているのにシリコンが無くならない世の中。やっぱ、役にはたっているんです。

僕の認識(仕事上のとらえ方としては)では、シリコンは質感向上剤だと思っているので、シャンプーする時に絡みにくくしたり、流すときに指通りよく流せたり、トリートメントでしっとりさせたりと気持ちの良い髪を作る上であると便利なものです。

髪を伸ばすなら、枝毛や切れ毛は少なくしたいですが、絡んだり引っかかったりしていては切れ毛も枝毛も増える一方です。現に綺麗なロングの方がノンシリコンのオーガニックに拘り、その結果切れ毛だらけになってしまった事もあります。

また、美しく健康な髪を作る上で健康な頭皮は不可欠な条件ですが、ノンシリコンのオーガニックシャンプーにしたら、シャンプーを流すときに髪が硬くもつれやすくなってしまい地肌がよく流せない・・・結果、フケや痒みが出てきた。ってことも少なくないです。

だから、適度にある分には良いんじゃないかと思うんですよね。

シリコンが使えない髪もあります

今のところ詳しい原因はわかっていないのですが、縮毛矯正とデジタルパーマorパーマ、カラーを繰り返している毛先に関係があるようです。

シリコンが含まれるヘアケア商品を使用すると、ギシギシになり固く指が通らなくなります。

これぞまさしく、シリコンで髪が傷んだような質感になるわけです。

今までは普通のシャンプーでガサガサ、パサパサしていながらも指が通っていたのに、トリートメントを付けたら指が通らなくなってしまった。

いきなりこんななったら、びっくりですよね。

使いやすい物を探しましょう

シリコンをつけたら指が通らなくなった髪を目の当たりにして、その方に会うシャンプー・トリートメント・アウトバストリートメント・ブローローションなど髪を扱いやすく出来るヘアケア製品を探しました。

また、ヘアケア製品に合わせて施術や毛髪補修(トリートメント)も組み合わせを変えました。

最近は、シャンプーはノンシリコンでトリートメントに少量含まれていたりする製品も増えてきていますね。

地肌についても効果がなければ、極力付けずに髪には有効的に使用していこうというコンセプトだと思います。

ノンシリコンのシャンプーはシリコンの代わりにポリクオタニウムという納豆のねばねば成分を入れている物も好きです。

納豆と言っても、臭いは無いですよ。

ポリクオタニウムの効果はキトサン(育毛剤にも入っていたりします)と同じような効果があって、質感の向上や絡まりの防止の他に育毛や養毛といった効果も期待出来るようです。

ただ、ノンシリコンにすると手間がかかったり、髪の扱いに注意が必要になってきます(雑に扱うと切れ毛や枝毛の原因になります)

まとめ

シリコンは思っているほど悪さをしないと思います。

シャンプーしたら被れてしまう方や痒くなる方、以外は気にしなくても良いと思います。

シリコンは、お家でのケアをやりやすく、髪を良い状態で維持しやすくする成分としてとても役に立っています。

 

デモやっぱりシリコンが嫌な方はご相談下さい

ノンシリコンでも扱いやすくは出来まので~☆

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.