乾かし方で分け目にボリュームが出ます

更新日:

最近は市販のシャンプーで『根本からボリュームが出る』事を強調していますね~。

根本からドライヤーを当てて乾かすことがボリュームの秘密とか・・・

サロンゆうでも、ご来店いただいたお客様へのヘアケアのお話しで髪に合うシャンプーやトリートメントなどのホームケアと、バランスの良いシルエットづくりのための乾かし方などお話ししています。

皆さん分け目を分けるときどこか気をつけていることはありますか?

多くの方は『自然に分かれるところ~』と言われます。

実は、この【自然に分かれるところ】は根本が寝やすい場所なので、右分けの方はいつもより1cmでも0.5mmでも少し右にずらし左側から根本をセンターに向かって5cm幅ほど乾かします。これは左分けの方も同様で、いつも分けている左分けのところよりも1cmでも0.5mmでも左にずらして分け目を取り左側からセンターに向かって根本を5cm幅ほど乾かします。

分け目の目安?

分け目の目安は黒目の外側に設定すると、フォーマルな装いやシチュエーションに向き、プライベートやラフな時は黒目の真ん中付近ににすると良いようです。

分け目のバランスは目やほほ骨の位置など顔の配置やバランス、頭の形や髪型・長さにより異なるためプロのアドバイスが必須です。

どこにしたらボリュームが出るのだろう

分け目をいつもの場所よりも少しでもスライドすると、根本の立ち上がりが出ます。しかし、そのまま乾かしたのではいつも分けている元の位置へ戻ってしまいます。これはいつもとは違うところで分けているため根本が戻りたがるからですが、この力が根本の立ち上がりになります。

この戻りやすい力を戻らないようにするために、一番はじめに乾かすのを分け目にしています。

ここまでがよくわからない方は、ぜひ気軽にご相談下さい。

髪質に合わせたケアとバランスの良いお手入れ方法をご紹介します。

市販ではツバキやセグレタ、エッセンシャルやアジエンスなど色々な銘柄がそろっています。

サロンゆうでは、ご来店いただいたお客様へ少しづつでも扱いやすい髪にケアできるように美容室で使用しているシャンプーやトリートメント、ブローションやオイルをおすすめしますが、美容室のものはコストがかかるため使用できないといわれる方も少なくありません。

そんなときは段階をおって市販の製品でも扱いやすい髪を維持できる方法を相談します。

究極、シャンプーは肌に合い髪を洗っているときに絡まらず流しているときに堅くバサバサにならなければ、市販のものでも何とかなります。

毎日のケアに不安のある方や、美容室での施術にもう一歩を求めている方、感じている方はぜひお気軽にご相談下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.