縮毛矯正の時間について

更新日:

縮毛矯正というと偉い時間がかかってしまう印象ですが、今回はそのことについてご説明します。

縮毛矯正は

  1. 時間がかかる
  2. 料金が高い
  3. 髪が傷む

と、癖毛の方が施術後は扱いやすくなる代わりに上記のような悩みをよく聞きます。

では、

3ヶ月~1年近く効果を感じられる施術をなるべく早くやりたいとできる限り早く施術してくれるところで、痛んだりすぐに癖が戻ってしまったりしてもいいですか?

料金が高いからと言って【半額キャンペーン】のチラシを片手に矯正へ行きますか?結果、上手くかかればもうけもんですが失敗されれば、根本付近の断毛や枝毛、ひどいダメージを負うことになります。

料金や時間も踏まえ、縮毛矯正は髪をストレートする施術です。基本的に一度かけたところは次に施術する必要がないのが一般的なほど効果が持続する施術故に、経験や知識が大切で一歩間違えると

  • かからない
  • 癖が戻る
  • 根元から切れる
  • 根本付近が縮れる
  • 根本付近から折れる
  • 手触りが悪い
  • 櫛が通らない

といったダメージを負います。

ですから、当店では髪が基準です。癖やコンディションに合わせた施術を行うため当店では、しっかりと時間をかけて施術します。

上記の理由から急いだり工程を端折ったりできませんので、ご了承ください。

縮毛矯正の時間

行程は抜くよりも加える方が多いです

通常よりも行程の多い縮毛矯正ですが、お客様の事情(お急ぎなど)や当店の事情は一切関係なく、まずは髪に必要な事を必要なだけ行うため、急いでるから工程を抜いて・・・という施術はできません。むしろ、ダメージの補修などでトリートメントの工程を加えたりすることが多いです。

おおよそ3時間~4時間30分を予定しています

縮毛矯正の施術行程は以下の通りです

  1. 毛髪診断
  2. プレ処理(流しやトリートメント)
  3. 水分をとってトリートメント
  4. ブロッキング
  5. 塗布(1剤塗布)
  6. 放置(5分~25分)
  7. チェック
  8. 流し(シャンプーとトリートメント)
  9. トリートメント
  10. ドライ
  11. カット(必要な方)
    ショートスタイル(短い方はここでカットする場合がございます)
  12. ブロー
  13. アイロン
  14. ドライカット(毛量調整が必要な方)
  15. 2剤処理
  16. 流し(シャンプーとトリートメント)
  17. ブロー

担当のスタッフが責任を持って

時間短縮のためか、沢山のスタッフで手分けして塗布したりアイロンしたりと言うのをよく聞きますが、当店では基本的に一人の担当者が施術を行いもう一人が補佐する程度です。

長さによっても若干変わります

カラーやパーマの状態によっても若干変わります

 

一番大きく時間が変わるのはダメージ具合と髪質になります。

ダメージ少ない髪~軽く引っかかる位のコンディションの場合は長さに関係なく上記の3~4時間半で収まる場合がほとんどですが、以下の場合は大幅に時間がかかりますのでご了承ください

  1. 他店で失敗してしまった矯正を修復しながら施術する場合
  2. 矯正とデジタルパーマを繰り返していてダメージの蓄積がひどい場合
  3. 髪が細く切れやすい、また癖が著しく強い縮毛・捻転毛の方

上記の場合、6時間ほどかかる場合もございますのでお時間はたっぷりと空けてご来店くださいm(_ _)m

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.