ぱさつきやすい髪のホームケア[1582]

更新日:

この度はご来店頂き誠にありがとう御座いました。

フロントのウエーブが強い場合は、ハンドブローの際に軽く指の間で挟むようにとかしながら乾かすと強い部分が伸びて流れやすくなりますのでお試し下さい。

【今回のホームケアの効果です】

M3.3…シャンプー剤を1:1に割るほか、シャンプー前の乾いた髪に直接噴霧し濡れるくらいまで馴染ませながらクシで丁寧にとかすと、絡まりやすい髪をしっとりとさせ表面のキューティクルも整える効果があるため、潤いあるしっとりとした髪に仕上げます。

S-2シャンプー…M3.3と1:1に割って使用するグレープフルーツの香りがついたトリートメントシャンプーです。天然成分でできており頭皮のスキャルプ効果と軽くしっとりと仕上がりが期待できます。

DRトリートメント…幅の広いダメージ状態と、原因に対応できるトリートメントです。中間から毛先につけることで毛先の引っかかりや髪のパサ付きをおさえ扱いやすい髪に仕上げます。

サンプルのスプレー…白い液体の小さいスプレーです。リペアミストといって、ドライヤーの熱を受けて髪のスタイリング力をあげる効果があります。お風呂上がりにタオルで水分を拭き取り、中間から毛先に軽く振って全体をとかしてからそのまま乾かすと、毛先が柔らかく仕上がります。また、ドライ後クルクルドライヤーをOffにした状態で電源を入れ暖まったらスイッチを切って冷ましてからはずす、このセット方法を行うとカールの持ちが良くなります。

軟膏の入れ物…アウトバストリートメントといってお風呂上がりに使用します。今回はヘアクリームのような使用方法で適度に重さを持たせつつ軽くサラサラした手触りを作ります。

 

M3.3でひたひたにした髪にS-2シャンプーを馴染ませてもトリートメント効果が高くお勧めです

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.