M3Dトリートメント

以下は過去にM3Dトリートメントを行った方々の仕上がり記事です

初めてのM3Dカラー

本日のお客様は、先月ちょうどひと月ほど前にM3D縮毛矯正を他サロンで施術されていました。

ご本人曰く『縮毛ではないがうねりが強い髪』のようで、確かに若干うねりもあったかもしれないです。

ただ、一般的に縮毛矯正をした髪は硬くなりますがサロンゆうで行っているM3D縮毛矯正は柔らかいですよ~☆

ですから、今の状態は少し堅めに仕上がっているように思います。

最後に仕上がったときに触って頂きましたが、中間にある毛先のガタガタした質感は、矯正の前にかけたパーマとそのスタイルを作るためにカットされているハイレイヤーのヘアスタイルが原因のひとつです。

もちろん今までの【カラー+パーマ+縮毛矯正】はしっかりとしたサロンケアとホームケアを行って上げないと、硬さがバサ付きやゴワ付きに変わります。

さて実は今回、ご来店された当時の髪の感じは柔らかくしっとりと仕上げるのが良いかなーっと思ったんです。

しかし、前回の縮毛矯正が思うようにうねりを抑え切れていないので、柔らかく仕上げると膨らみやすくなってボリュームが出てしまう原因に成りかねなかったんですね。

そこで、M3Dカラーを行い根本付近の白髪のカラーリングと表面のミネラル補給を行い収まりの良い若干ハリのある仕上がりにしました。

色味は、ご希望通りもう少し明るくても雰囲気にあう気がするので、白髪の浮かない程度に柔らかい色味を作っていけたらと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 義和

 都内で弱酸性美容を勉強し、美容技術の幅を広げるため一通りメーカーによるカラー講習やパーマ講習を経て、頭皮・毛髪に本当に優しい美容は何なのかを研究しながら、個人店を13年経営しています。  毎日ご来店頂くお客様のこれまでされてきたカットやカラーの履歴を見て、技術や知識以上にお客様の髪を考えた仕事をしなくてはいけないと日々努力しています。  2019年はエイジングケアを専門に頭皮ケアとヘアケアをご案内していきます。頭皮や毛髪の悩みはお気軽にご相談ください!

投稿日:

執筆者:小林 義和

Copyright© サロンゆう〜扱いやすい艶髪をつくる店 , 2019 All Rights Reserved.