サロンゆうに興味を持って頂きありがとうございます。

サロンゆうは家族でお店をしている小さな美容室と床屋さんです。

修行時代大きなサロンで働かせて頂いていましたが、大きなサロンではスタッフの交代や施術に対する時間制限などお客様主体の施術を行うことが出来ませんでした。

サロンゆうでは、各施術(メニュー)に目安の時間をもうけていません。

プライスリストのメニューには目安の時間を載せてあります(予定です)が、スタッフ間でこの技術は何分でしなくてはいけないといった決まりがありません。

それは、髪の質感(クセやダメージなど)や長さは皆さん違いますし、ご希望のスタイルや仕上がりの好みも人それぞれです。大型店(大きな美容室)ではスタッフの育成やサロン内で効率よく動くために各施術に対し時間を設定しその時間内に終われるようにスタッフは頑張ったりしますが、それでは時間ばかりを気にしてしまい髪に合わせた仕上がりを優先することが出来ません。

ですから、『時間がかかっても丁寧にやって欲しい』というお客様にはご満足頂けると思いますが、『とにかく早くやって欲しい』というお客様にはもしかしたらまどろっこしい部分もあるかもしれませんのでご了承ください。

サロンゆうでは、使用するお薬のメリットとデメリットを、カウンセリング時にお話しした上で施術方法をご相談します。

美容業界では、サロンで使用していない薬液を悪く言ってしまう事も耳にしますが、各製品には良い部分もよくない部分もあります。

弱酸性で肌に優しい製品でもパーマがかかりにくいお薬もあります。かかる方には、肌にも髪にも優しく有用ですが、かかりにくい方にはパーマがかかりません。

アルカリ製の薬は髪によくないと言うイメージが最近は定着しつつありますが、弱く作用させることで、髪の負担を最小限に優しいパーマをかけることも出来ます。

ですから、頭皮やアレルギー、髪質やコンディション(ダメージ)、今までの経験(美容室でされて嫌だったことやして欲しいことなど)やこれからのご希望など全てを加味して施術を決定し、サロンで区切った時間で仕事をするのでは無く、皆さんお一人お一人に合わせた適切な施術方法で髪をケアさせて頂きます。

初めてで不安も多いかと思いますが、気になるところはどんなことでもスタッフにお申し付け、ご相談ください。

サロンゆうについてでしたm(__)m

 

美容室を変えるタイミングっていろいろだと思いますが、はじめてのサロンに行かれる時って、すごく不安があると思うんです。どんな人(スタッフ)がいるのかな?とか、ちゃんと思いの通りにしてくれるのかな?とか・・・

そこで、このホームページを見ることで、サロンゆうがどーゆー美容室で、どんなスタッフがいるのか伝わる事を願っています。

きっと安心して、ご来店頂ける事と思っています。

カウンセリングは納得いくまでおこないます

「なりたいスタイルやイメージをしっかりお聞きします」
まずは

  • どんな感じがお好みか?
  • 普段のお手入れで困ること
  • 今までされて嫌だったこと

などをお聞きします。

なんとなくお話ししてはじめてしまうのはいけません(ーー;)

あなたが思うイメージと、担当のスタイリストが思うイメージをなるべく近づけてからはじめたいと思います。

「おまかせ~」や「てきとうに」とオーダーされる場合も多いですが、好みはお聞きしますので【好きな感じ】や【されたくないこと】は教えてくださいね。

ダメージと仕上がりについて

カラーやパーマ、縮毛矯正などをおこなう上でネックになるのが、【ダメージ】です。

仕上がりを優先するか、できる限りダメージを抑えるか。

究極の選択みたいな二つの質問。

でもこれはとても大切なことなんです。

なるべく傷めないように施術したい!と思い日々研究しています。

パーマは、薬やロッド、放置時間など調整することで、かかり具合や、柔らかい・硬いといった質感の違いが出てきます。

縮毛矯正は、ダメージも少なくしっかりと柔らかいストレートヘアをご希望ならまず問題ないと思います。

それは、当店の縮毛矯正が独自の工程・技術により、柔らかく自然なストレートに仕上がるので、普通にかけても、しっかりかけても矯正の工程(手順)は髪のコンディション(髪質やダメージ)に合わせて調整するので、ご希望により大幅に時間が短くなることはないです。(手を抜くと仕上がりが変わるため)、矯正によくあるような毛先がツンツンした仕上がりにならない技術のため、硬くツンツンしたした仕上がりが好みでご希望されない限りそのように仕上がりません。 カラーは一番、定期的にされている方が多いので髪のダメージなる場合が多いですが、なるべくダメージがないところをご相談しながら決めていきます。

お家でのケアもご案内します

髪のケアはサロンのトリートメントだけで大丈夫でしょうか?

『どのくらい保ちますか?』とお聞きすると『1週間くらいかな?!』と回答頂くことが多いですが、ひどいと『一度洗ったら落ちてしまった』という声も聞くことがあります。

お家に帰ってシャンプーしたらとれてしまうトリートメントってちょっともったいない(残念)ですよね。 せっかくするのだから、その後のシャンプーがやりやすくなったり、仕上げが奇麗だったり、収まりが良かったりとやったなりの結果は欲しいもの。

通常、サロンでおこなうトリートメントの種類や、髪質とコンディションの見極め、担当者の技術によりもちは様々ですが、当店のトリートメントでも3週間ほど保った方が長い方でしょうか。

当店では少しでも扱いやすい状態が長く続くように、髪質やコンディション(ダメージ)に合わせてトリートメントを使い分けるため、メーカーにこだわらず感じられる効果にまとを絞って取り扱うトリートメントを厳選しています。

効果の持続は個人差があるため期間を設けることはできませんが、おおむね2週間ほど扱いやすければ保っている方だと思います。

2週間に一度、美容室にいらしている方でしたら扱いやすい状態を維持できるかもしれませんが皆さんがそうではなく、多くの方は3週から5週の間でご来店されていますので、どうしてもサロントリートメントの効果が切れてしまいます。

だから、サロンゆうでは髪のコンディション(髪質やダメージ)とオーダーされた施術に加え、生活習慣やお手入れの具合なども加味してサロンケアを行います。

その際、使用するトリートメントは当店オリジナルのものになりますが、その質感や扱いやすさ・仕上がり具合などを持続するための方法(ホームケア)をお帰りまでにご説明ます。

ご案内している内容は以下の事についてです

  • 今の髪の状態と今後
  • シャンプー・トリートメントの使い方
  • 乾かし方
  • 髪の状態や仕上がりに合わせたアウトバストリートメントの使用方法など

また、貴方に合わせた技術で、ダメージやコンディションに合わせた製品を使います。

一度で気に入ってもらえれば幸いですが、気になる事がございましたら、お気軽に担当スタッフまでご相談ください。

一回目よりも二回目、二回目よりも三回目と任せていただける美容室を目指して努力致しますm(__)m

続いて、お店についてのご案内です

居心地の良い空間作りについて

どんなお店で、どんな人たちがいて、雰囲気はどんな風なんだろか?

はじめてのお店では疑問や不安はいっぱいですよね?

サロンゆうは、家族でやっている小さな理美容室です。
理美容室っていうのは、美容室と理容室(以下、床屋さん)が同じ空間にあるお店って事です。

むかし(オープンは約45年前です)は、床屋さんがメインで両親(マスターと奥さん)とスタッフで営業し、美容室はビルの脇から奥に入ったところにある入口から入るような隠れ家的?な感じでした。

2007年春に床屋さんのスタッフが独立するのを機に、都内の美容室で修行していた僕(小林)や姉(浅香)が帰ってきて、美容室をメインにリニューアルすることになりました。

リニューアルに際し、当店に来ていただいた時はゆっくりとリラックスして休んで頂きたいという思いを全力で表現したレイアウトにしています。

入口手前から美容椅子が間仕切りに仕切られて、個室感覚に3席続きます。

そして奥には個室に分けられた床屋さんのブースが2つあります。
奥さんは床屋さんとレディースシェービングやブライダルシェービング、フェイシャルなども行うため、女性の方々も安心できるようにカーテンを閉めることでほぼ完全にプライベート空間を作れるようにしました。

間仕切りのおかげで各席がひとつづつブースになり、隣のお客様との空気を分けることができます。これにより店内で流れているクラシックを聞きながらゆっくりするのも良いですし、放置時間(カラーやパーマの待ち時間)などに、挽きたてのコーヒーや淹れたての紅茶やハーブティーの香りを楽しむことできます。

シャンプーの際、席の移動がありません

シャンプーやお流しの際、何度となくシャンプー台へ席を移動しなくてはなりません。

しかし、シャンプー・流し・トリートメント・流しと何度も席の移動は大変です。

また、【カラーやパーマの放置時間中。雑誌のある違うお席へ移動してお茶を飲む】というのも普通にあることですが、せっかくお席に座られたのですから、ゆったりとした空間でそのままお過ごしいただけた方が、よりリラックスできると考えました。

静かな店内で音楽はクラシックを流しています

昔はFM横浜など民放を流していましたが、リニューアルよりクラシックを流しています。iTunes内のClassicFmは、クラシックをはじめ幅広いジャンルの曲を聴かせてくれます。[/learn_more]

 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena