この季節、静電気をどうしていますか?

秋から冬に季節が変わった頃から、気になる静電気。

空気の乾燥と気温の低下と共に、マフラーやニットなどにより静電気が起きやすくなります。

髪のダメージによりぱさつきやすい方は、髪を乾かすだけで静電気が起きる始末(ーー;)

 

何とかならないものでしょうか。

 

【静電気】で検索をすると、気温や湿度で静電気が起きやすくなる。この時期の洋服は静電気が起きやすくなるので柔軟剤などを使用する・・・etc

でも、これでは髪の静電気は抑えられません。

 

解決の秘策は、サロンで行うしっとり艶さらケアにあります。

  1. 従来のミネランに加え、新処方のタンパク質がダメージで絡みやすくぱさつきやすい髪に効きます。 
  2. お家でも出来る方法として、サロンケアで処方しているタンパク質をシャンプーに配合し定期的使用することでホームケアの質が格段に上がり静電気やパサ付きを抑えます。
  3. 美容室での使用法もこだわりがありますが、やっぱりドライヤーの使い方で髪の仕上がりは全然違います。

 

以上3点を書いています。

何かお困りのことがあればお気軽にコメントを下さいm(__)m

 

さて、まずは美容室でのケアです

サロンゆうでは昨年の12月より、従来のミネラントリートメントにコラーゲンを加え施術を始めました。

前に使用したこともあるのですが、その当時は仕上がりに変化を感じられなくて【コラーゲン】といっても、どうもピンとこなかったのですが、今回のコラーゲンは違うようです。硬くぱさついた髪も柔らかくしっとりとし、細くからみやすい髪も櫛通りのいいしっとりと仕上がります。

これにより、従来トリートメントしても静電気が出やすかった方もだいぶ落ち着き、その手触りを楽しんで頂けるようになりました。

 

次にホームケアです。

ホームケアでは、サロンで使用しているコラーゲンをシャンプーに混ぜて頂くのが一番効果的かつお手軽な方法です。

今のところナノアミノプレミアムシャンプーに混ぜて使用しておりますが、ナノアミノDRなどでも問題なくご使用頂けると思います。

アルマダシャンプーS-2(グレープフルーツの香り)に混ぜる方法はまだ未検証のため、結果が出次第お勧めしていけたらと思っております。

 

最後にドライヤーですね。

ドライヤーで一番重要なのは、【温度】です。

市販されているドライヤーは風が弱く温度が熱い物が多いです。

電源を入れて普通に乾かしていたら、ぱさぱさになってしまいます。

サロンではモーターが強く風が強いドライヤーで通常よりも温度を落として使用していますが、風が弱いドライヤーでは温度調節を行う事が出来ません。

最近、うちのサロンにヘアービューザー?(あってます?HAIR BEAUZER です)なるドライヤーが来ました。

なんでも、特殊なセラミックを通した風は髪に働きかけツルツルしっとりに仕上がるようなんです。マイナスイオンがドライヤーについてる物は多いですがこれはどうも検証が曖昧で効果が数値に出にくいと新聞でも報道されていましたが、今回のドライヤーは何かが違うみたいです。

そこで説明書通り、温風で乾かして冷風にしてみましたが、いちど熱い風でぱさついた髪は、その後に冷風を当てても、そこそこいい手触りですが、それほどでも無いように感じました。

そこで、ドライヤーには冷風を出すスイッチがあるんですが、そこを押しながら髪に通している手が熱くない温度にしながら乾かすと【あら不思議】、全然違う仕上がりです。

ポイントは手に当てても熱くないくらいの風で乾かすこと。これだけです。

お家で乾かすときも少し気をつけてドライヤーを使ってみて下さい。きっと変化を感じられると思いますよ。

 

あと最後に、

 

ドライヤーで髪を乾かしている方は、そのあと仕上げで使うブラシの時間を考え、予め手で乾かすハンドドライは簡単にされることが多いようです。しかし、このハンドドライの時に、はねたり膨らみすぎたりすると、僕らでも手直しするのが難しいくらいにクセが出たりします。

ですから、乾かすときはブラシを使う前のハンドドライでしっかりとベースをつくってあげて下さい。

 

そうすることで収まりの良い髪型がいつも維持できるようになりますので~

ご予約はこちらより

当店は完全予約制では御座いませんが、ご都合がおわかりの方はぜひ予めのご予約をお願いします。
営業時間中は電話でのご予約も承っておりますが、営業時間外や定休日を気にすること無く、携帯電話やスマートフォン・パソコンから24時間いつでも簡単にご予約頂けるWeb予約も御座います。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena