M3Dトリートメントってどんな髪にいいの?

さて、話題のM3Dシステムトリートメントですが、どの様な髪に合うのでしょうか?また、向いているのでしょうか?

まずはカラーやパーマでボサボサになってしまいまとまらない方
カラーやパーマの度に行っていた油分やシリコンを補充するトリートメントではしっとりしきれなかった髪が、M3Dトリートメントカラー行ったその日から乾かすだけでサラサラに仕上がります。
太い髪が乾燥しやすく膨らんでボリュームが出て毎日おさえるのが大変な方。
完熟ミネラルが髪の芯まで浸透し髪本来の柔らかいしなやかな髪へ補修します。乾かすだけで無駄なボリュームが消えて理想だったシルエットが手に入ります。
カラーは染めたいけど髪は傷めたくない方
定期的なカラーはしたいけどダメージが心配…というあなたも、毛先まで自然な色合いでカラーリングして、ダメージはしっかり補修することで、カラーごとに気になっていたダメージやバサ付き、枝毛や切れ毛が嘘のようになくなり、トリートメントカラーをする程に、完熟ミネラルが髪に浸透していきさらに深い艶としっとりとした髪に仕上がります。
白髪染めは続けたいけど、最近ダメージが気になって…
M3Dカラートリートメントなら、根本はしっかりと白髪染めをして毛先にかけてカラートリートメントを行います。だから根本の気になるカラーはしっかりと行い、ダメージの気になる毛先はしっかり補修で安心です。
カラーとトリートメントをいつもしているのに艶やかな髪にならない方
今までのトリートメントは髪の表面にトリートメント成分をコーティングしている物が多く、シャンプーをしているとどんどん落ちてしまいました。M3Dトリートメントは髪の芯まで浸透し共有結合することでその効果を示します。カラー時には、カラーのアルカリを利用して深くまで浸透し、カラーの反応と一緒に定着を行うことで従来のトリートメントとのようにすぐに落ちてしまいにくく、またより髪質を根本から補修することが出来るようになりました。
髪が細くてハリやコシが無くカラーやパーマのダメージも気になります
『太い上の方が落ち着いてしっとりする』と聞くと髪の細い方は『ボリュームが無くなってしまうのではないか?』と不安になるそうですが、髪を芯から補修するM3Dトリートメントカラーでは自然なハリコシが体感できます
シャンプー後のブローやアイロンが大変な方
M3Dトリートメントカラーを行うと、髪のゴワ付きが消え乾かすだけでサラサラのストレートに仕上がります。アイロンをかけている方も完全に乾かしてから軽くアイロンをかければ、サロンの仕上がりです。
サラサラの縮毛矯正?
当店の縮毛矯正は元々、『引っ張らない』『熱くない』『痛くない』と従来の縮毛矯正の不満を取り除き、 独自の施術で柔らかなストレートヘアに仕上がりましたが、M3Dトリートメントとの組み合わせでさらに艶々サラサラ髪へランクアップ☆

さて、ここでM3D良くある質問コーナーです

M3DカラーとM3Dトリートメントカラーの違いは何ですか?
M3Dカラーはヘアカラーカラーのメニューになり、M3Dトリートメントカラーはトリートメントのメニューになります。M3Dカラーはカラーの染まりを一番に考えながらM3Dトリートメントを使用します。通常ヘアカラーを行いながらM3Dトリートメントを使用します。M3Dトリートメントを使用することで活性酸素やアルカリ剤の影響を抑えることで、ダメージヘアもしっとりと艶々に仕上がります。
M3Dトリートメントカラーはカラー剤を基剤にしトリートメントを反応させるため、従来のトリートメントよりも髪の芯まで浸透しやすく、カラーの反応を利用して定着させるためトリートメントの保ちや補修力が違います。M3Dトリートメントカラーはトリートメントですがカラー剤を使用する為、それほど色味を強く出すことが出来ませんが、自然な色合いでトーンダウン~トーンアップや白髪をぼかしながら毛先まで艶感を出すなどナチュラルカラーリング効果もあります。また、根本のカラーや白髪はしっかりとM3Dカラーを行い、毛先にかけてはM3Dトリートメントカラーを行うセットも御座います
M3Dトリートメントカラーには『シングル』『ダブル』『トリプル』とありますが?
M3Dトリートメントをたっぷりと含んだカラーを1度塗って放置中髪をマッサージするのが『シングル』です。その行程を2回行うのが『ダブル』で、3回行うのが『トリプル』になります。シングルでも従来のトリートメントとは比較できない仕上がりですが、初めての方にはダブルをお勧めしています。それはシングルよりもダブルの方がよりイメージ通りの艶髪を手に入れることが出来るからです。また、『トリプル』ではさらにたっぷりの艶と柔らかな質感を体験して頂けます。
M3Dトリートメントはどの位の周期ですればいいのでしょうか?
髪のダメージや今までの履歴、髪質や生活環境によってだいぶ違ってきます。また、求める仕上がりによっても違いがあり、究極を求める方は2週間に1度4回通われました。ダメージによっては艶々のしっとり感が1度では出し切れない場合も御座います。その方も5回目以降からは月一に通われるようになりました。やはり1度目よりは2度目の方が仕上がりが良いですし、それ以上に3回目の方が良くなります。これは『ダブル』『トリプル』での施術によっても違いがあり、個人差のあるところです。出来ればバサバサ感や髪の扱いにくさが気になる前にはご来店頂いた方が仕上がりが良いです。ですから長くても5週間(サービスあります)に一回は施術して頂けると、前回の成分も残っているので仕上がりが前回よりも良く効果も長持ちします。
実際の処、毛髪補修トリートメントとM3Dトリートメントカラーはどっちがいいの?
髪質やダメージの状態(コンディション)により違ってきますし、なりたい髪質や扱いやすい髪の状態によっても違ってきます。大きな違いは質感でかなり扱い安さも左右するほど違います。毛髪補修は各種トリートメントを使用し髪に脂質や油分を中心に補いパサ付いた髪が柔らかくしっとりとし、ギシギシでバサ付いていた髪が絡まらずしっとりとコーミングできるようになります。しかし、乾いたときに柔らかくしっとりとするため、膨らみやすい傾向にあります。逆にM3DのカラートリートメントやM3Dカラーの場合、髪にハリコシを出し芯からしっかりとした感じを作るので、濡れているときの扱いはそれほどでもないですが、乾いたときの質感は驚くほどサラサラです。また、膨らみにくくボリュームを抑ええたサラ艶髪に仕上がります
M3DカラーやM3Dカラートリートメントにかかる時間
M3Dカラーの場合は通常のカラーとそれほど変わらないので、90分から120分位です(長さによりますが標準時間です)。M3Dカラートリートメントは120分からを目安にダブル→トリプルと時間が加算されていきます

この記事を書いた人

小林 義和

ご予約はこちらより

当店は完全予約制では御座いませんが、ご都合がおわかりの方はぜひ予めのご予約をお願いします。
営業時間中は電話でのご予約も承っておりますが、営業時間外や定休日を気にすること無く、携帯電話やスマートフォン・パソコンから24時間いつでも簡単にご予約頂けるWeb予約も御座います。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena