手荒れを治したい

ガードバリア最近、手荒れをしてる方を多く見かけます。
手荒れの原因も様々ですよね。接触なら原因もわかりそうな物ですが、アレルギーとなるとうち(身体の中)から来るものか外(接触)からのものなのか分かり難くなります。

またこれから寒くなると、主婦の方々は手湿疹やあかぎれも多いと思うんです。

昔、ひどく悩んでいた僕が最近はだいぶ良い状態になったので参考になればと思います。

僕も3年ほど前は1年間ひどい手荒れで苦しみました。

自分に合った病院や先生、治療法など見つかるまで大変ですが、僕も今の病院の先生に出会い、だいぶ良くなりました。

ブログにもありますがひどい時は悪循環の連鎖でゴール(いつ治るのか)が見えず本当に辛い時期でした。

地方に出かけた際、手持ちの薬を忘れてしまったので薬局で手湿疹の薬を買いましたが、塗ったそばからかゆくなり水疱が出来てしまうような状態でした。(※この反応は今も変わっていません。合わない塗り薬は痒みや水疱の原因になっています)

ブログにもありますが当時、一番ひどくなった原因は熱湯や自前の湯治(湯ノ花を利用していました)だと考えられます。オイルやクリームを塗って綿の手袋していないと即座に乾燥してしまう状態で、手袋を外した瞬間から『パリパリ』っと音が聞こえるくらい早く乾燥して指が曲がらなくなりヒリヒリしていました。

仕事にも支障が出始めて病院を本気で探すことにしたんです。

今の先生は、気の利いたことは言ってくれませんが、治療の方法がぼくにはあったようです。

僕の治療方法をご紹介しますね。

まず、絶対のルールとして

『石鹸』『お湯』

は素手で触らない。

仕事中はガードバリアを4分に1回塗るようにと言われました。

※ガードバリアは皮膚保護成分を含んだプロテクトクリームで、角質層に成分が浸透し乾燥やお湯・洗剤から手肌を守ってくれます。このクリームは一度塗って4~5分で定着するため、ひどい状態の時はそのくらい頻繁に塗った方が良いとアドバイスを頂きました。

仕事が終わったらはワセリンと亜鉛化軟膏を付けて綿の手袋をする。
水疱が出てひどいところは弱めのステロイドを少し塗る。

これを徹底して行う。

仕事中に塗る事になったガードバリアですが、しみないので荒れあれでただれてひび割れた手に塗っても刺激がなく、ハンドクリームにありがちだった痒みやそれによる水疱も出なかったのでただれているときも使えました。

すると、ヒリヒリして大変だった僕の手も、2~3日で普段の手袋&オイルがなくても乾燥せずヒリヒリしなくなりました。

また、仕事中や日中はガードバリアを塗るだけで過ごせるようになりました。

ガードバリアは皮膚の表面を保護すると共に水分の蒸発もガードしてくれていたようです。

はじめは意識しないと忘れてしまいますが、何日かするとなれてきて一連の動作がスムーズに出来るようになります。

朝からガードバリアを塗って仕事に入り、ちょくちょく塗りながら日中を過ごし、夜は寒くない程度にぬるめのお風呂に長めにつかって、手がふやけるくらいなったら上がります。乾燥しやすいところは意識して軽く拭き、ワセリン+亜鉛化軟膏を塗り、水疱が出ているところは弱いステロイドを付けて綿の手袋をはめて乾燥から保護します。

乾燥しないようにすることで代謝や表面の皮膚が戻ってくるので徐々に免疫も上がってきます。

まじめにケアをしていれば2週間ほどでだいぶ楽になってきます。

 

ぽつぽつときになる水疱が出来たことのある方は、水疱が出来ると気になってつぶしてしまう事もあると思います。

僕もはじめは気になって気になって、触っているうちに水疱のあたりがかゆくなってくるのでつぶしていました。

つぶすと治るまでに非常に長い時間とあかぎれの原因になるので、その後の仕事も困難になってしまうんですよね(;´Д`)

ですから、『熱湯』に直接触れることと『水疱を割る』ことをしないことが、完治の近道です。

 

最後にお願いです。手袋を使用してください。

仕事でも家事でもやむおえずお湯や洗剤を使う機会はあると思います。家事なら当たり前ですよね。四六時中お湯と洗剤を触っていなくちゃいけませんし、刺激に弱い方は柔軟剤や洗剤の種類によっても肌荒れをすることがある様です。

そんな時は、面倒でもゴム手袋をして下さい。

僕らもそうですが、仕事の場合などは指先の感覚が鈍るとか、毎日の家事なら包丁が使いにくいとかいろいろありますが、慣れればある程度、不満を解消できるくらいには普段通り作業ができます。

ゴム手袋をしたらお湯や洗剤に直接触れないため、手の回復を早めることが出来ます。

しかし、手袋のゴムや粉、汗や蒸れでアレルギーが出て水泡やかゆみが出る場合があります。
そんな時は手袋のインナーを使って見てください。
手袋着脱の手間はさらに増えますが、インナーによりかなり快適になります。

ご予約はこちらより

当店は完全予約制では御座いませんが、ご都合がおわかりの方はぜひ予めのご予約をお願いします。
営業時間中は電話でのご予約も承っておりますが、営業時間外や定休日を気にすること無く、携帯電話やスマートフォン・パソコンから24時間いつでも簡単にご予約頂けるWeb予約も御座います。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena