ドライヤーを使うとき知ってて得する?! 3つのこと

3つのことシリーズ第2弾は『ドライヤーを使うとき知ってて得する?!』です

ドライヤーの」使い方に関しては長さや毛量・押さえたいポイントにより気をつけるところが違うのでこの後のシリーズで書きます。

まずは、長さに関係なく知っていると普段のドライヤーが楽になるかもしれない3つのことです。

【その1】前髪が割れやすい時は

ドライヤーを前(下)から当てると割れやすくなります。少し大変ですがつむじのあたり(後ろ)から前へ風を当てるように乾かすと割れにくくなります。このとき、左右に根元を動かすように乾かすとさらに割れにくくなります。

【その2】ボリュームが欲しい方、ボリュームを抑えたい方

これはドライヤーの角度と温度がカギです。

  • ドライヤーを下(前)から当てて乾かして行くとボリュームが出やすくなります。逆に上(後ろ)から当てて乾かしていくとボリュームを抑えて乾かすことができます。
  • 根元から乾かすとパサツキを抑えてボリュームが出にくく乾きます。逆に中間から毛先を先に乾かしていくとぱさつきやすくふわふわとボリュームが出やすくなります。
  • 温度を熱めに乾かすとハリ・コシが出やすくなります。逆に温めの温風で乾かすと柔らかくしっとり乾きます

【その3】ブロー(スタイリング)は苦手な方から

通常、右利きの方は左サイドのブローがしやすく右サイドはやりにくい。逆に左利きの方は右はやりやすいけど左はやりにくいといわれています。

ドライヤーやブラシで内巻きやハネを抑えたいとき、多くの方はやりやすい方を内巻きにしてから苦手な方をやり始めますが、なかなか苦手な方は言うこうと聞いてくれません。

そこで、今回は苦手な方から思うようにブローしてみて下さい。苦手な方がある程度かたちになったら、いま仕上げた側に合わせてやりやすい方を仕上げてみて下さい。

どうですか?意外にやりやすくないですか?ドライヤーの風の方向や角度、温度や乾かす場所を意識して、どこをどうしたいか考えるとさらに狙ったシルエットに乾かすことができます。

長さ別のブローやスタイル別のコツについては後ほどまとめます。

ご予約はこちらより

当店は完全予約制では御座いませんが、ご都合がおわかりの方はぜひ予めのご予約をお願いします。
営業時間中は電話でのご予約も承っておりますが、営業時間外や定休日を気にすること無く、携帯電話やスマートフォン・パソコンから24時間いつでも簡単にご予約頂けるWeb予約も御座います。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
  • まちゃ

    はじめまして。ドライヤーの使い方って美容師さんの手元をみてまねする程度だったので、とても参考になります。絵や動画などあるとわかりやすいと思うのですがいかがでしょうか?お忙しいところ大変恐縮ですが、いちファンとしての意見として汲んでいただければ幸いです。これからも応援しています。

    • nenji

      まちゃさん、はじめまして。

      コメントいただきありがとう御座います。

      ドライヤーの使い方ってなかなか難しいですよね。少しでも参考になればと思っています。

      画像や動画については後々追加予定ですので、またその際はこちらのコメントに返信させていただきますので是非ご覧になって下さいm(__)m